ガリガリ部
┏━━━━━━┓
ガリガリ伝説!
ガリガリ君誕生秘話
┗━━━━━━┛

☆かき氷のアイス 『赤城しぐれ』
かき氷は日本ならではの味わいです。
その魅力を存分に味わえるのが赤城乳業の『赤城しぐれ』。

1964年に発売され、1965~66年に爆発的なヒットを記録し以来、変わらず日本の氷菓を代表するロングセラー商品です。
『赤城しぐれ』の特徴は、パッケージの側面のデコボコ。
かき氷が食べやすいようにと考案されたスタイルで、発売以来変わりません。

そして1980年。
「片手で食べられるかき氷が、できないか?」それがガリガリ君のスタートラインとなりました。
かき氷をただ型に流し込み、スティックアイスにした。
しかし、重大な問題が発生!アイス売場で重ねて陳列しようとするとすぐにかき氷が崩れてしまう!
食べようとすると、スティックがすぐに抜けてしまう!
氷が溶けてしまってかき氷の食感がでない!どうしよう・・・・(涙)
そこで・・・・1981年改良
解けにくく、スティックが抜けないようにかき氷をアイスキャンディーでコーティング。
味も子供に人気の爽快感のあるソーダに決定(フレーバー開発に大苦戦)。
そして・・・・

☆社内開発会議
現在社長、当時の井上秀樹専務が「食べる時、ガリガリと音がするから『ガリガリ』それに『君』をつけて『ガリガリ君』だ!」の豪快な一言で決定(笑)!
キャラクター制作も、元気な子供に青空の下、遊びながら食べて欲しいと願いを込めて、近頃めっきり見かけなくなった社長の少年時代(昭和20~30年代)に必ず近所に存在した「わんぱくなガキ大将」を言うイメージした(もちろん冬でも半そで半ズボン)。
現在に至るまでに、キャラクターも数度にわたるリニューアル、フレーバーも30種類以上発売(失敗フレーバーも存在)し、現在のアイス売場に欠かせない商品に成長。
さらに・・・

☆2005年5月にはガリガリ君がついに変身!
新キャラクターアイス「シャリシャリ君」が登場!
(もちろんシャリシャリ食感)2006年11月には、ガリガリ君の妹「ガリ子ちゃん」登場!
アイスの中にクリームが入った新食感!
ガリガリ君はいつもみんなのそばにいます。
いつまでも、友達だね。